自動車保険の概要について把握しよう!

強制保険と任意保険がある

保険には実に多くの種類がありますが、自動車や原付を運転している人は自動車保険に加入しておくともしもの際にも安心です。特に人身事故の場合は、多額の賠償金が必要になることも多く、それをすべて自身で用意することは簡単ではありません。加入の前には、自動車保険の種類について理解しておきましょう。まず、自動車保険には強制保険と任意保険があります。強制保険は自賠責保険とも呼ばれており、すべてのドライバーが加入を義務付けられています。自賠責保険に加入していれば安心というわけではなく、この保険は相手に怪我をさせてしまったときや死亡した場合に対応した保険です。それゆえ、それ以外のリスクには対応することはできませんし、補償金額にも限度がありますので、それを超えた場合は自分で支払うことになります。

任意保険にも加入しておこう

自賠責保険だけでカバーできない分は、任意保険で補うことができます。任意保険は強制加入ではありませんが、多くのドライバーが加入しています。任意保険に加入しておくと、対人賠償責任保険も無制限になりますので、自賠責保険だけでは補えない分もしっかりカバーできるようになります。さらに自賠責保険にない対物賠償もありますし、相手側との交渉も保険会社が行ってくれるので安心です。交通事故の際は自分の車が大きく損傷してしまうこともありますが、そうなると修理代も多く発生することになります。そんな場合も任意保険の車両保険に加入しておけば、自身の車が破損した場合も修理代が補償されます。任意保険も多くの種類がありますが、内容や保険料も比較して最適な保険を選んでいきましょう。